動物取扱業

事務所の名称
ドルフィンアニマルホスピタル

事業所の所在
さいたま市緑区東浦和7-5-2

登録に係る動物取扱業の種別
保管

動物取扱責任者の名前
山本 佳子

登録番号
428

登録年月日
2011年12月3日

登録更新年月日
2016年12月3日

有効期限の末尾
2021年12月2日

HOME > 動物の医学 > アーカイブ > 食物アレルギー

動物の医学 食物アレルギー

犬猫の食物アレルギー

 うちの子なんだか体をいつも痒がる・・・そんな症状はありませんか? 

 

 皮膚が痒い、という症状からは、細菌感染、寄生虫感染、アレルギー等様々な病気が考えられますが、今回はその中の食物アレルギーについてお話ししたいと思います。 

人と同じように、犬猫にもアレルギーを持っている子は多くいます。 

 

 特定のものを食べた直後に体が痒くなる、といった症状であれば分かりやすいですが、いつも少し体が痒そう、何度も外耳炎を繰り返している、便がやや緩め、といった症状にもアレルギーが関与していることがあります。 

 

 昔から同じフードしかあげていなくても、蓄積されてアレルギーが発症するケースも少なくありません。 

 

 食物アレルギーを疑う場合、病院ではアレルギー検査等を行うこともできますが、試しにフードを変更してみるだけで症状が落ち着くケースも多いです。 

 ちなみに犬で一番多いのは牛肉アレルギーです。
市販のフード
やおやつでかなり多く使われているタンパク質なので、今あげているフードに入っていることも多いのではないでしょうか。 

  

犬猫にとって痒みは大きなストレスです。
体質だから、と諦めずに、少しでも気になる症状がある方ぜひお気軽に当院のスタッフにご相談ください。 

 

ちなみに病院では皮膚疾患の子用のフードだけでなく、数多くのフードを用意しております。フードの相談だけでも大歓迎です。

一緒にベストなごはんを探してみましょう。

 獣医師 小鯖

 

 



 

 


1

« 膀胱炎 | メインページ | アーカイブ | 糖尿病 »

PAGE TOP