動物取扱業

事務所の名称
ドルフィンアニマルホスピタル

事業所の所在
さいたま市緑区東浦和7-5-2

登録に係る動物取扱業の種別
保管

動物取扱責任者の名前
山本 佳子

登録番号
428

登録年月日
2011年12月3日

登録更新年月日
2016年12月3日

有効期限の末尾
2021年12月2日

HOME > 動物の医学 > アーカイブ > 人獣共通感染症

動物の医学 人獣共通感染症

2018年度版★当院で扱あっているノミ・ダニ予防薬

ノミ・ダニ予防しっかり行っていますか?capricornus

フィラリア予防に比べるとないがしろにされやすいノミ・ダニの予防ですが、
寄生してしまうとノミやダニもやっかいな病気を引き起こすことにもなり得ますbearing

ノミに寄生したことで発症するノミアレルギー性皮膚炎や、ノミが媒介する瓜実条虫の寄生による下痢や体重減少…
マダニに刺されることで移ってしまうライム病、バベシア症、日本紅斑熱などは犬や猫だけではなく
私たち人間にも重篤な症状をもたらしますcrying
最近ではマダニが媒介する恐ろしい病気「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」はテレビでもやってますよねsign01

ノミやダニが寄生するとそもそもちょっと気持ち悪いですよね…
でもそれだけではなくその背後には怖い病気の可能性も潜んでいるのです( ゚Д゚)

当院では3月~12月の10カ月間、予防を推奨しています。
ノミダニの予防薬もフィラリアと同じように月に1度の投薬が必要です。


お薬には皮膚に直接つけるタイプの液剤と、食べるおやつタイプの2種類がありますflair

つけるタイプのお薬だと、よくテレビCM でやっていたフロントラインが有名ですね!
当院ではフロントラインプラスと同じ成分でジェネリックジェネリック医薬品にあたる
「マイフリーガードα」を取り扱っています。



意外なことにつけても24時間が経過すればシャンプーをしても大丈夫なんですshine

食べるタイプのお薬は「ネクスガード」



これはよくテレビCM で見かけますねeye
お肉のタイプになっているからおやつ代わりにあげられますscissors

ですが猫ちゃん用がないのです・・・
ネコちゃんは基本的につけるタイプをオススメしていますが、
どうしてもつけられない!という時は、「コンフォティス」という
ネクスガードとはまた違う食べるタイプのお薬のご用意もございますtulip

ただ、ネクスガードは体重が1.8㎏が最低ラインなのですbearing
小さくてが届かない子には…!

クレデリオ!
これなら1.3㎏から投薬ができますwink



体に薬をつけられると気にしちゃう子や、多頭飼いでお互いに舐めあってしまう可能性のある場合は
食べるタイプがおすすめです★

食が細くておやつになかなか興味を示さない、食物アレルギーが気になるわんちゃんは
つけるタイプのお薬を使ってみてくださいね(^^)


上記のお薬はノミ・ダニ予防のお薬ですが、フィラリア予防とノミダニ予防がまとめてできるお薬もありますimpact
その名も「ネクスガードスペクトラ」

これもネクスガードと同じ食べるタイプのお薬です。

フィラリアとノミダニ、どっちもあげるのめんどくさい!って方にはオススメですhappy02

2018年もしっかりフィラリア、ノミダニ予防を行っていきましょうgoodshine

看護師 菅田


Zoonosis 人獣共通感染症って??

Zoonosis 人獣共通感染症って??



ワンちゃんネコちゃんの病気が人間にも 感染する恐れのある病気のことです!
たくさんあるので今回は有名なところを ご紹介します(*’▽’)



「疥癬(かいせん)」
疥癬とは、ヒゼンダニというダニの一種が人の角質層に寄生し、人の肌から肌へと感染する皮膚疾患です!
ワンちゃんネコちゃんが疥癬という皮膚疾患に感染した場合、人にも接触感染するので気を付けましょう☆
通常の疥癬の症状はきわめて強いかゆみと皮膚の丘疹、結節を起こします。





「皮膚糸状菌症」
真菌の一種である皮膚糸状菌が感染することで発症する病気のことです。
基本的に接触感染で起こります。
症状は感染部位によって異なってきます!

予防法!(^^)! 他の動物から菌をもらわないよう、動物を触ったらしっかりと手の洗浄を行うことです!





「トキソプラズマ症」「カンピロバクター症」
感染する原因の一つは糞便が手に付着し何らかのルートを通じて口に入ることです。
また、たとえ直接糞便に接触しなくてもオーシストが付着した野菜や水を摂取することで感染することもあります。
もう一つは汚染された食肉を加熱処理しないまま食べることです。
食肉そのものだけでなく、包丁やまな板など、肉と接触したすべてのものが感染源となります。

予防*調理の前後にはよく手を洗う。
   野菜や果物は水でよく洗ってから食べる
   肉類は十分に加熱して食べる
   妊婦は生肉を取り扱わない
   ちなみに、トキソプラズマ症は冷凍で不活化できますがカンピロバクターは60℃以上の加熱でのみ不活化が可能


身近に病気は潜んでいます。。
しっかりと予防しましょう★!

獣医師 鈴木cat

1

« 椎間板ヘルニア | メインページ | アーカイブ | シニア »

PAGE TOP